About us

一般社団法人ソーシャル・ビジネス・アカデミア・ネットワーク

設立趣意書
1. 趣旨

本法人は、ムハマド・ユヌス博士(グラミン銀行創設者・ノーベル平和賞受賞者)が提唱し実践するソーシャル・ビジネスにかかわる諸問題ついて、学界、産業界、政府・行政、市民組織等から構成されるメンバーが、学術的な研究や実務的な議論を行い、国内外の関連組織とも連携しながら、研究成果の発表、プロジェクトの創出、人材育成プログラムの開発、国内外の関連組織との交流、情報交換、関連資料の刊行等の活動を通して、日本においてソーシャル・ビジネスの普及啓発、研究の発展および教育プログラムの開発に寄与することを目的とします。

2. 設立の背景

ユヌス博士が2006年にノーベル平和賞を受賞して以来、グラミン銀行をはじめとするグラミン・グループ企業やユヌス博士の活動に世界中から注目が集まり、活動の多様化に伴うグラミン・グループ企業と多国籍企業の連携、大学・研究機関との連携、世界各国における各種プロジェクトの展開等が進みました。日本では2007年に九州大学とグラミン・コミュニケーションズが学術交流協定を締結し教育研究の促進に取り組んでいます。そのなかで、ユヌス博士が提唱するグローバル・ソーシャル・ビジネス・アカデミア・ネットワーク構想において、世界各国の大学や研究機関に所属する有志メンバーがユヌス博士からの発案に応じる形で、「ユヌス・ソーシャル・ビジネス」に関する諸研究や議論、教育プログラムの開発をグローバルレベルで相互に連携しながら進めていく機運が高まりました。既存のあらゆる学問領域においてソーシャル・ビジネスとの接点を見出し、教育研究にとどまらず、社会問題解決のための実践と結び付けていくことを目指して、世界中の各国の教育・研究機関に自律的な運営による支部を設置する構想です。毎年各都市で開催されるグローバル・ソーシャル・ビジネス・サミットのアカデミア会議において、日本での活動や教育・研究の成果を報告することが予定されています。

そしてこのたび、ユヌス博士によるグローバル・ソーシャル・ビジネス・アカデミア・ネットワーク構想を受け日本での活動をおこなう組織として本法人を設立する運びとなりました。

2016年12月15日

一般社団法人ソーシャル・ビジネス・アカデミア・ネットワーク
福岡市博多区博多駅前2丁目19番17号トーカン博多第5ビル511号室
代表理事 アシル・アハメッド